Find iPhone

Find iPhoneのサムネイル

無料-

販売元
Apple Inc
カテゴリー
iPad徹底活用

App Storeで確認

iPhone iPadを探すアプリ、遠隔操作もね

(2010年8月現在)無料



気が付いたら携帯電話が見当たらず、焦った事はありませんか?

結局は見つかったとしても、電話帳のデーター、メールの中身、保存している写真など流失した最悪のケースを考えてドキドキしたことはありませんか?


自分だけの情報ならまだしも、会社の端末なんてなくしたら個人情報にうるさいこの時代、失業はおろか、賠償責任にだって発展しかねない大事ですよね。でもMobileMeの関連アプリである「Find iPhone」なら安心です!


ちなみに今回は電子書籍系のアプリを扱うことを予定していたのですが、友人宅にiPhoneを忘れたことに気付き友人との連絡とれるまでの待機中、という絶好のシチュエーションに出くわしてしまったので、予定を変更して「Find iPhone」の使い方に関して書きます。


以下はレビュー記事


今日まず手元にiPhoneがない事が発覚して一番初めにした事は、iPhoneがどこにあるかの確認。そして移動していないかの確認。


findiphone_img_01


「Find iPhone」を開きMobileMeにログインすれば数十秒〜数分で位置の特定が出来る。

かなり詳細な場所の特定まで出来た。今回探索したときの誤差はおおよそ30メートルぐらいか?


findiphone_img_02


もし外に落としても、ここまで精度で特定が出来ていれば鳴らせば発見出来るかも!マナーモードでもアラーム音を鳴らすことが出来る。それは後ほど!


まずはiPhoneを探索する手順から。「Find iPhone」を立ち上げ自分のIDとパスワードでログインする。

findiphone_img_03


当然、入力内容が間違えていなければすぐに繋がる。


findiphone_img_04


ログイン後は自分のアカウントに同期しているデバイスが表示される。位置情報設定をしていない端末は所在地を確認出来ない。管理人のiPadは設定をしていなかったため、「位置情報サービスがオフです」と表示された。


findiphone_img_05


地図上に表示されている端末(今回はiPhone)の横にある「i」のマークをタップ。どんな操作をするのかを選択出来る。地図はgoogle mapのように「地図」「航空写真」「地図+航空写真」を選択出来る。


findiphone_img_06


今回は(友人宅に忘れてきた)と位置情報から予想出来たが、iPhoneが無くなったケースでは駅や電車内に落としてしまうケースも考えられるだろう。そういう場合は、すぐに次のすてステップが必要なはずだ。

「リモートロック」を選択すると下の画面が表示されるされる。


findiphone_img_07


最悪ケースとして全データーの消去と言う選択肢も用意されている。「リモートワイプ」は会社が保有する機密情報などが入っている端末には重要だろう。


findiphone_img_08


今回は、所在地の確認から友人宅ににある事が確認出来たので、とりあえずメッセーを送る事にした。


findiphone_img_09


このメッセージは通常のメールと異なりメッセージを送信したら、下記の状況を満たしていれば、画面に表示される。条件と言っても携帯電話として至極当たり前ことだが。


  • 電源が入っている事
  • 端末がオンラインである事
  • 必要な設定がしてある事

万一デバイスがロックされていたりマナーモードに設定してある場合でも「サウンドを再生」をONにして送信すれば、アラームが鳴る。これは家の中でiPhoneを探すときにも使えるのかもしれない。


findiphone_img_10


iPhoneにメッセージ送信後は、すぐにMobileMeのメールアドレスに送信確認メールが送られる。


Numbers_img_11


これらの機能を利用するためには、MobileMe(年間¥9800-税込)のサービスを利用し、必要な設定を有効にしなければしなければならない。管理人は今までiPadでの設定ををしてしていなかったが、今回設定をした。


この機能を使ってiPadでも探索したり、ロックしたりとiPhoneと同じことが出来る。しかしWi-Fi版iPadは、無線LANに繋がっていないと使うことが出来ない。管理人はNTT東日本レンタルしている光ポータブルを利用して外出中先でもネットワークに繋げているが、どこかに忘れて自分の手を離れたとき、Wi-Fiに繋がっていられる可能はそんなに高くない。


ビジネスで使用するなど、セキュリティーに気を使うのであれば3G版のiPadがお勧めだ。


ではiPadを探す機能を使用するためにはどんな設定が必要なのだろうか?設定箇所さえわかっていれば数十秒の作業だ。


iPadの「設定」より「メール/連絡先/カレンダー」をタップしアカウントの欄からMobileMeのアカウントを選択する。そうすると下の画面が表示される。

一番下の項目である「iPadを探す」をオンにする。


Numbers_img_12


また、このアプリの使い方はヘルプに記載があり、細かく説明されている。ヘルプ項目は以下


Numbers_img_13



レビュー記事終わり


いかがだったでしょうか。アップルの製品は魅力的だけどセキリティーの面で不安を抱えていませんか?しかしリモートロックやリモートワイプなどの機能が使えれば安心なのではないでしょうか。


ぜひ皆さんもiPadを使ってみては如何でしょうか?これからもどんどん使える機能を紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。


このページの先頭へ